社会福祉法人 あやべ松寿苑

ホーム
ご相談・お問い合せ

施設の本当が見える質問

Q.上司と部下の関係は?(仕事でも、プライベートでも)

A.上司が基礎からきっちりと教えます!

当施設が最も力を入れているのが、チームケア。スタッフ同士がチームを組んで、ご利用者の状態を把握するだけでなく、仲間同士の情報共有にも、積極的に取り組んでいます。新人育成では、マンツーマン方式で、きめ細かな指導を徹底しています。トイレや食事の介助でも、自信がつくまでは、必ず先輩スタッフが側について、一緒に『じゃあ、やってみようか?』と実践を踏まえて覚えていきます。どんなときでも、頼れる仲間がいる安心感を持ちながら、仕事に集中できるはずです。

Q.仕事を進めていくスタイルは?

A.まずはやれる所から。ゆっくり覚えていこう!

ご利用者の思いにひとつひとつ向き合った“ご利用者主体の介護”が当施設の基本です。スキルや知識、資格ももちろん大切ですが、まずは、ご利用者と心の底からうち解けることが、何よりも大事と考えています。『ご利用者の気持ちにどう近づくか?』を、日々、真剣に考えながら、あなたのペースで成長していってください。また、組織として職員に守って欲しいルールはきちんと言いますし、現場のスタッフから出る意見も、臨機応変に吸い上げていきます。意見が言いやすい環境ですので、着実に成長できるでしょう。

Q.勤務地の希望は通りますか?

A.最初は法人の判断ですが、希望すれば異動できるケースもあります。

当施設は、綾部市で最大規模の介護サービスを提供しています。その内容も、デイサービスなどの在宅ケアから、認知症の方を対象とした入所施設まで、多種多様なのが特徴です。スタッフが活躍する場が多く用意されているのは、介護業界で成長したい方には、大きな魅力といえるでしょう。新人スタッフは、基本的に特養などの入所施設で、3年ほどキャリアを積んでいただきます。その間に、ご本人の希望や適性を聞き、なるべく添えるように配慮しています。

Q.職場の年齢構成は?

A.各年代が同じ程度在籍していてバランスがいいです!

10代後半や20代といった若いスタッフや、定年間近のベテラン職員まで、バランスのいい年齢構成になっています。そのため、現場では、経験の浅い人を、先輩や上司がさりげなくカバーすることもあります。また、新しい世代からの提案も積極的に行われています。当施設では、平成17年から、研修プログラムを作り、スタッフ育成には継続して力を入れています。50代後半の職員から1年目の新人まで、年齢層も異なるスタッフたちが、年に1回は必ず意見交換を行うなど、風通しのいい環境づくりを心がけています。

Q.休日、スタッフの方々は、どのように通ごしていますか?

A.スタッフ同士の仲がよく、よく一緒にあそんでいます。

スタッフ同士の仲の良さも、当施設が胸を張れるところのひとつです。プライベートでは、誘い合って遊びに行くことも多いですね。釣りに行ったり、サッカーを楽しんだり、と趣味を楽しんでいる人たちもいるようです。若いスタッフたちも、仕事帰りに居酒屋へ行ったり、カラオケを楽しんだりすることもあります。経験の長い人たちは、休みを取って旅行に行くことも。また、実は、当施設では、職場で知り合って結婚をするスタッフが、とても多いんです。これまでに7組の夫婦が誕生しているんですよ。

ページトップへ▲

社会福祉法人松寿苑 TEL.(0773)43-1123(代) FAX.0773)42-5236

Copyright © 2006- All rights reserved by ayabe syojyuen

HOME