社会福祉法人 あやべ松寿苑

ホーム
ご相談・お問い合せ

トップが語る

「学生に伝えたいこと」 社会福祉法人松寿苑 総合施設長 荻野修一

京都府綾部市に誕生して半世紀。当法人の歩みと試みを紹介いたします。

当法人は、綾部市が昭和28年に設立した、養老施設(現養護老人ホーム)『松寿苑』が最初の一歩になります。以来、綾部地域の皆様とともに、着実な歩みを続けながら、時代のニーズに応じた発展を続けて参りました。今では、綾部市内最大の社会福祉法人として、デイサービスから特別養護老人ホームまで、包括的な視点から、幅広い老人介護サービスを提供しております。
当法人の特徴は「人類愛善一ひとりひとりを大切に一」の理念に基づいた、地域密着の運営が挙げられます。「その人らしく過ごせる、ご利用者主体の介護」を真撃(しんし)に模索する姿勢はもとより、綾部の人、そして土地の特性に密着した経営を最重要視しています。
その一例として、当施設で提供される食事では、独自にレストラン部を創設。栄養バランスと味覚サービスの両立をはかるとともに、食材には地元で収穫される食材を多く用いております。このように地産地消につとめるとともに、地域のご利用者の要望を満たした、多種多様なサービスを提供しています。

超高齢化社会の中で「選ばれる社会福祉法人」になるために。

超高齢化社会を迎えた現在、老人介護を姶めとする社会福祉事業は、さまざまなニーズに応じるだけでなく、質の高いサービスを求められる傾向にあります。その動きは今後も変わることはないでしょう。
介護サービスの中でも、競争と選択が繰り返される現在において、ご利用者とご家族に信頼され、市場で勝ち残っていく力を獲得するには、すべての施設、事業所において、魅力ある介護サービスを提供する姿勢は不可欠と考えております。
当法人では全ての施設、事業所で「ご利用者」「人材」「業務プロセス」「財務」の4つの視点を軸に、スタッフ一同が、それぞれに与えられた業務の質を向上させております。これからも、チームで協調性を持って考え合い、お一人お一人のご利用者に対し、誠心誠意向き合える人材を育成していく所存にございます。

「地域のために」それが当法人の目指す姿です。

雄大な自然に恵まれた綾部地域で、当法人は60年以上の長い歴史を刻んできました。その中で運営の要として考えているのは、地域住民の皆様と緊密なパイプラインを構築することです。
当施設では、年々、地元で高齢化を迎えた方や、そのご家族から、さまざまな要望をお聞きして、運営に役立てています。具体的には、もともと保育園だった建物を有効活用した少人数グループホームの設立や、一人暮らしの高齢者を対象にした配食サービスなどが挙げられます。その根底には、当法人が地域の方々を支えているのではなく、むしろ、綾部に暮らす方々によって支えられている、という確固たる信念が息づいています。
今後とも、当法人は、綾部地域の皆様からの信頼を獲得できるよう、より一層の努力をして参ります。そして、20年後、30年後を見据えた運営も心がけることで地域の方々に松寿苑があるから、安心して綾部で老後を迎えられる」と思っていただける存在を目指してまいります。

ページトップへ▲

社会福祉法人松寿苑 TEL.(0773)43-1123(代) FAX.0773)42-5236

Copyright © 2006- All rights reserved by ayabe syojyuen

HOME